結婚式の電報の送り方は?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 29

招待された結婚式に参加できないことってありますよね。

そういうときには電報を送るといいですよ。

この記事では、結婚式の電報の送り方を紹介します。


スポンサード リンク



結婚式の電報の送り方

008424
昔は電報といえば「115」に電話をかけるのが一般的でした。

ところが今ではインターネットが普及したことから、
インターネットによる電報依頼も可能となっています。

電話よりもインターネットのほうが安いし、
24時間対応なのでインターネットがおすすめですよ。

以下に電報を送る際のポイントを説明していきますね。

「115」へ電話をかけるか、
NTT西日本の電報サービスへアクセスする。
⇒NTT西日本 インターネット電報 D-MAIL

電報は文字数によって値段が変わりますが
一般的な例文で1000円~2000円くらいですね。

ちなみに60文字で1300円くらいですよ。

例文もそのまま使えるので楽チンですね。
⇒電報の例文

宛名は連盟ではなく一人。旧姓でOK。

電報はあなたの友人へのお祝いの言葉なので、
電報の宛名は新郎新婦連名にする必要はありません。

また、宛名は旧姓でOKです。

例えばあなたが鈴木太郎さんと山田花子さんの
結婚式で電報を打つことになった場合、
あなたが山田花子さんの友人であれば
宛名は「山田花子様」でOKです。

宛先住所は結婚式場

電報は結婚式場へ直接送りますので、
あらかじめ結婚式場の住所を確認しておきましょう。

結婚式当日が近づくと新郎新婦も色々と忙しくなるので、
できれば1ヶ月前までには式場の住所は聞いておき、
電報も式の1週間前までには出すようにしましょう。

ぬいぐるみカードで個性を

上記のNTT西日本のHPからもキャラクター電報を選べますが
NTT西日本は有名すぎて、人とかぶる可能性があります。

せっかく送った電報が人とかぶったらイヤじゃないですか?

そこであなたにおすすめしたいのがぬいぐるみカードです。

ぬいぐるみカードで可愛らしく個性的な電報を送りましょう。

文字だけ送るよりもお金はかかってしまいますが
きっと喜んでくれると思いますよ♪


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す