風疹が胎児に与える先天性風疹症候群とは?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 412

a0726_000165書かずにはいられなかった、というのが今の気持ちです。

風疹が今年2013年、大流行しています。

近くに妊婦がいるあなたも、そうでないあなたも、将来母親になるあなたも、そして父親になるあなたも、
この記事を読んで、危機感を持ってください。


スポンサード リンク



あなたは風疹の予防接種をしましたか?

2013年6月現在、風疹の大流行により日本は緊急事態で、
一刻を争う事態なので、大事なことから書きます。

あなたは風疹の予防接種を受けたことがありますか?
受けたかどうかわからないなら、親に確認してください。

そして親が曖昧な回答をするようなら、
すぐに予防接種を受けてください。

2013年は1月~6月までの
風疹感染者の数だけで1万人を超えており、
これは昨年1年間の合計数の4倍以上です。

全国で風疹ワクチンを求める人が殺到しており、
今年8月にはワクチンは不足すると言われています。

とにかく、受けたかどうか不明だという人は、
すぐに予防接種を受けてください。

風疹の予防接種は何度受けても問題ありません。
過去に受けたかもしれない・・・という人も
不安な場合はもう1度受けても問題ないです。

1979年4月2日~1987年10月1日までに生まれた男女は注意

複雑になるので説明は記事の最後に書きますが
1979年4月2日~1987年10月1日までに生まれた人は注意です。
風疹予防接種制度の移行期だったため
予防接種をしていない可能性があります。

当てはまる人は急いで風疹予防接種を
したかどうかの確認をしてくださいね。

あと、1979年4月以前に生まれた男性や
1960年代以前に生まれた女性も
同じく予防接種を受けていない可能性があります。
これも理由は後述します。

また、予防接種を打っていなくても、
風疹に一度かかったことがあれば
予防接種をしたことと同じ
なので
改めて予防接種をする必要はありません。

胎児が先天性風疹症候群に

以下は風疹によって娘に障害が出た
神戸市の女性のコメントです。

「去年の段階で手を打っていれば、
赤ちゃんへの影響がここまで広がることはなかった。
風疹によって悲しい思いをする母子や失われる命がなくなるよう
国は一刻も早く対応してほしい」

この女性は妊娠中に風疹に罹患し、その影響で
胎児が先天性風疹症候群にかかってしまいました。
先天性風疹症候群にかかると、難聴、白内障や緑内障などの眼疾患、
心臓の疾患、精神発達遅滞、さらに糖尿病などを発症しやすくなります。

これを防ぐには、まずは妊婦が
風疹にかからないことは当然ですが
夫、家族なども風疹にかからないことが大切です。

風疹の予防法

風疹の予防法はワクチン接種が一番ですが
女性は摂取前1ヶ月と接種後2ヶ月間は避妊が必要です。

また、風疹ワクチン接種に助成金を
出している地域もあるようです。
各自医療機関などでチェックしてみてくださいね。

今年は風疹が大流行しているため
ワクチンを求める人が殺到しており、
このペースだと8月にはワクチンが
不足
すると言われています。

ワクチンがすぐに打てない場合は
マスク、手洗い、うがいをしましょう。
風疹はくしゃみなどから感染するので
マスクはとても有効な予防手段なのです。

生まれてくる赤ちゃんに罪はありません。
赤ちゃんは親を選べません。

親になるからには、最善の努力をして、
赤ちゃんを迎えてあげましょう。

風疹予防接種の歴史と「空白の期間」

日本における風疹予防接種には「空白の期間」があります。
※ここからの説明はかなり複雑なので、
気になる人だけ読んでください。

複雑なのですが一応説明すると、、、
1995年4月から、生後12~90ヶ月の男女に
風疹予防接種が義務化されました。

生後90ヶ月とはつまり7歳6ヶ月です。
なので、1995年4月から7年6ヶ月さかのぼって、
1987年10月2日以降に生まれた人は
風疹ワクチンは接種済みということになります。

問題となるのはそれ以前の
「空白の期間」に生まれた人たちです。
(ちなみに私も空白の期間の世代ですが、接種済みです)

風疹ワクチンは、日本では1976年から接種が可能となり、
翌年1977年8月から女子中学生限定で定期接種(義務化)されました。

1995年3月までこの体制(女子中学生限定)が続いたのですが、
1995年4月からは1歳~7歳6ヶ月の男女が接種対象となったため、
1995年4月時点で7歳7ヶ月以上だった男女はまさに空白の期間に当てはまります。

というか、男性の場合は1995年4月の義務化以前は
風疹の予防接種を受けるかどうかは完全に任意だったので
女性よりもより一層、予防接種を受けていない可能性が高いです。


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す