ハロウィンはディズニーで!仮装の注意点は?入場制限回避法は?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 322

a1180_001651全国のディズニーファンの皆さん、今年もやってきますね♪

ハロウィンの季節がっ!!

東京ディズニーリゾートはハロウィンイベントの時期が一番混み合いますよ。

この記事では、東京ディズニーリゾートの
ハロウィンイベントに関する情報をまとめています。


スポンサード リンク



TDRハロウィンイベントの時期は?

東京ディズニーリゾート(以下TDR)のハロウィンイベントは
ディズニー・ハロウィーン」という名前がついています。

ディズニー・ハロウィーン2013の時期は9月9日(月)~10月31日(木)です。

今年2013年はTDR開園30周年ザ・ハピネス・イヤーなので、
例年以上の激混みが予想されますね。

仮装の注意点は?

さて、TDRでは基本的に全身仮装は禁止されています。

ですがこのハロウィンイベントの最初と最後の1週間だけは
全身仮装が解禁になるんです!

ところで、全身仮装には以下のような注意点があります。

  • ディズニーシーでは全身仮装禁止(小学生以下は可)。
  • ディズニー以外のキャラクターの仮装は不可。
  • 仮面、付けヒゲ、濃いメイクは不可。
  • 杖や剣など長くて他人の邪魔になるものは不可。
  • へそ出しや肩紐なしの服装など露出度が高いものは不可。

けっこう縛りがあるので注意ですね。

特にメイクについては、街を歩ける日常レベルのメイクで、
というのが基準になっています。

ゾンビメイクとか切り傷メイクとかはNGということですね。

全身仮装が可能な期間(2013年)は以下です。

  • 9月9日(月)~9月15日(日)
  • 10月25日(金)~10月31日(木)

もともとハロウィンは10月31日のイベントなので、
10月31日のTDRは大変な混雑になります。

なので、毎年ハロウィンの時期は入場制限がかかります。

今年は30周年ということもあり入場制限は必至ですね。

入場制限でも入場できる方法とは?

ディズニー・ハロウィーンの全身仮装期間中、
特に10月最後の土日なんかは、めちゃくちゃ混みます。

なので、午前中の早い段階で入場規制がかかる可能性が高いです。

入場規制がかかると普通のチケットでは入場できなくなります。

ですが、以下の方法なら入場制限中でも入場できるんです!

  1. 日付指定チケットを持っている。
  2. TDRオフィシャルホテルのゲストカードを持っている。

順番に説明しますね。

(1)日付指定チケット
これは2ヶ月前から購入できるチケットです。
日付が固定されてしまうので自由度は低いですが、
入場規制中でもTDRに入場することができます。

日付指定チケットの購入はこちらからどうぞ。
⇒TDRチケット購入ページ

こちらのチケット購入ページには
eチケット自宅配送の2通りの購入方法があります。

自宅配送だと送料525円に加えて手数料がかかってしまうので、
パソコンとプリンターがあるならeチケットをおすすめします。

(2)TDRオフィシャルホテルのゲストカード
ディズニーランドとディズニーシーの付近には
TDRオフィシャルホテルという6つのホテルがあります。

上記のオフィシャルホテルに宿泊していれば、
入場規制がかかった場合はゲストカードを発行してもらえます。

これを持っていれば入場規制中でも入場することができるんです。

注意点としては、ゲストカードを発行してもらえるのは
入場規制がかかったあとなので、
あらかじめもらっておくことができない点ですね。

早めに日付指定チケットを準備して、
ディズニー・ハロウィーンを楽しみましょうね♪


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す