ペルセウス座流星群 2013年 方角は?観測のコツは?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 223

WS000000高校の頃、流星群を見たことがあります。

深夜に起きて、こっそり家を抜け出して。

次々と落ちてくる流れ星はそれはそれは感動的なものでした。

星降る空の下、恋人と携帯電話越しに願い事をしました。

「ずっと一緒にいようね」

その願いは叶いませんでしたが、今となってはいい思い出です。

この記事ではペルセウス座流星群観測のコツなどを紹介します。


スポンサード リンク



2013年はペルセウス座流星群がスゴイ!

ペルセウス座流星群は三大流星群の一つです。

※幻想的なペルセウス座流星群の動画です。
夜明けでもこんなに美しいんですね。

三大流星群とは、毎年安定して流れ星が
観測できる流星群のことで、以下の三つがあります。
1月 しぶんぎ座流星群
8月 ペルセウス座流星群
12月 ふたご座流星群

2013年のペルセウス座流星群は天体の諸条件が重なり、
多くの流れ星が見られそうですよ。

なんと1分間50個以上の流れ星が見られるそうです。

次にこの好条件が揃うのは2021年ですから
2013年のペルセウス座流星群は見逃せませんね!

時間帯と方角は?

ペルセウス座流星群は毎年8月12日~13日頃に観測されます。

2013年も8月12日~13日が観測のピークとなっており、
8月12日の22時頃~8月13日の3時頃まで見られますよ。

見られる方角は?

ペルセウス座流星群は、北東の空にある
ペルセウス座周辺から放射状に降ってきます。

なので、北東の空だけではなく、空全体に流星が見られますよ。

観測の注意点

ペルセウス座流星群を快適に観測するための
いくつかの注意点を紹介します。

  1. 虫除け対策をしっかりする。
  2. 安全な場所で寝転がって観測する。
  3. 30分ぐらいは暗闇に目を慣らす。

順番に説明しますね。

(1)虫除け対策

虫除けスプレー蚊取り線香を忘れずに。
快適に流星群を観測するにはは大敵ですからね。

(2)安全な場所で寝転がる

寝転がって観測するのは本当におすすめです!
立ったまま空を見上げるのはが疲れますからね。

レジャーシートサマーベッドなどがあると重宝しますよ。

あと、当たり前ですが寝転がるときは
人通りや車通りがない場所を選びましょう。

(3)暗闇に目を慣らす

しっかりと流れ星を見るためには目を暗闇に慣らしましょう。

30分ぐらい目を慣らせば流れ星がよく見えてきます。

街灯や懐中電灯の明かりがあると流れ星は見にくいので
なるべく開けた暗い場所を探しましょうね。

以上のポイントをおさえて、素敵な星降る夜をお過ごしくださいね♪


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す