ガラケー+スマホ 2台持ちのメリット・デメリットは?私の体験談!

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 545

a0001_016830私は3年前までガラケーだけを
使っていました。

今はガラケーとスマホ(iPhone)の2台持ちです。

この記事では、私が3年間の2台持ち生活で感じたメリットデメリットを紹介します。


スポンサード リンク



ガラケーとは?

ガラケーガラパゴス携帯の略です。

ガラパゴス携帯はフィーチャーフォンとも呼ばれ、

  • 通話
  • メール
  • 着うた・着メロ
  • おサイフケータイ
  • カメラ
  • 赤外線通信
  • GPS
  • ワンセグ

以上のような機能をもつことが特徴です。

国内初のiPhone2008年に発売されるまでは
日本ではガラケーを使う人がほとんどでした。

日本は島国ということもあり、日本の携帯電話は
世界標準とは違った独自の進化を遂げてきました。

「ガラパゴス」の由来

南米のガラパゴス諸島では
独自の進化を遂げた動植物が見られます。

これが由来で「携帯電話のガラパゴス化」という
言葉が用いられたのですね。

※ガラパゴス諸島

2台持ちのメリットは?

まず、私がなぜ2台持ちを決意したかを説明しますね。

そもそもなぜiPhoneが欲しくなったかというと、
私は複数のPCメールアドレスを使い分けていて、
iPhoneのメールアプリならそれが簡単に管理できるからでした。

※Gmail,hotmailを複数使い分けています。

あとは単純にiPodなどのアップル製品や
スティーブ・ジョブスが好きだったので
「iPhone使ってみたいなぁ」という好奇心でしたね。

私は2010年の夏からdocomoのガラケー
softbankのiPhone4を2台持ちしています。

2010年の当時、私は外出が多い営業職の
会社員だったので、携帯電話は必需品でした。

1日30回以上は携帯電話で通話していましたね。

それでまず重視したのが、電池もちです。

当時から言われていたのは、iPhoneは電池もちが悪い、という点。

仕事上、通話電波電池もち最重要ポイントだったので、
iPhoneの電池もちが悪いというのはネックでした。

※softbankのiPhoneは電波が悪いという噂もありました。

そこで、私は以下のように考えたのです。

  • 通話だけはガラケーを使う。
  • 通話以外は全てiPhoneを使う。

この考え方は自分的にかなりヒットでした。

2台持ちということになりますが、以下のようにメリットがあります。

  1. 利用料金があまり変わらない。
  2. iPhoneを見ながら通話できる。
  3. 両方の電池もちがいい。

順番に説明しますね。

(1)利用料金があまり変わらない。

意外かもしれませんが、実はガラケーのみ使用の頃と2台持ちの頃で、
利用料金はあまり変わりませんでした。

ガラケーだけのときは月額7,000円程度だったのですが
2台持ちの今でも月額は2台合計で7,000円台です。

内訳は、以下です。

docomoのガラケー⇒月額2,000円程度
softbankのiPhone⇒月額5,705円
■docomoのガラケー利用料金の内訳

  • タイプSSバリューのファミ割で基本料金 980円
  • iモード使用料 315円
  • ユニバーサルサービス料 3.15円
  • パケホーダイダブル 390円(注1)
  • ケータイ補償 お届けサービス 294円(注2)

合計 1,982円

■softbankのiPhone4利用料金の内訳

  • ホワイトプラン 980円
  • S!ベーシックパック 315円
  • パケットし放題フラット 4,410円

合計 5,705円

(注1)
パケホーダイダブルは不要かもしれません。
私がこれをつけている理由は、
災害時などiPhoneでネットが使えなくなった場合に
ガラケーでネットを使えたらいいかも、といういわば保険です。
(注2)
ケータイ補償 お届けサービスも不要かもしれません。
これをつけていると、ガラケーが壊れたときに
1回目:5,250円、2回目:8,400円の負担額だけで
同一機種の新品をもらえるという制度が利用できます。

私はこの制度を1度利用し、数万円する同機種を5,250円で
再入手することができました。


(2)iPhoneを見ながら通話できる。

2台持ちならiPhoneを操作しながらガラケーで通話できます。

インターネット地図アプリを使いながら
通話ができると意外と便利ですよ。

あと、メールの文面を確認しながら通話もできるのでこれまた便利です。

私は社内のPCからiPhoneにメールを転送して読んだり、
PDF資料を読んだりしていました。

また、2台持ちならアプリ利用中やメール作成中に電話がかかってきても
いちいち作業が中断されることなく通話できるので便利です。

(3)両方の電池もちがいい。

これが2台持ち最大のメリットかもしれません。

2台持ちで通話とインターネットを分けて利用するので、
ガラケーの電池もちがすごくいいです。

もちろん、スマホの電池もちも長くなります。
通話はかなり電池を消耗しますからね。

2台持ちのデメリットは?

ガラケー・スマホの2台持ちですが、実はデメリットはそんなにありません。

私がこの3年間で感じたデメリットといえば、
少しポケットがかさばるなぁ」という程度です。

ちなみに私はズボンの両サイドのポケットに入れてます。

左側はスマホ、右側はガラケーですね。

今までほとんどストレスを感じずに使えていますよ。

私には2台持ちが合っていたんだと思います。

予備バッテリーを持ち歩いている人もいますが
私はほとんど持ち歩きませんね。

さきほども書きましたが、2台持ちならそこまで電池を消耗しないので。

何を重要視するか?

最後になりますが、ガラケーかスマホか、または2台持ちか、
それを決めるのは何を重要視するか?です。

通話やメールを重要視
するのであれば、ガラケーのままでいいと思います。

「ただなんとなく、周りがスマホを使っているから・・・
という理由で買い換えるのはおすすめしません。

お金と時間が無駄になるだけですからね。

自分にとって何が最重要なのか?

よく考えてみてくださいね!


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す