滝沢秀明がマルム火山を体当たりリポート!バヌアツってどんな国?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 212

7月17日放送予定のTBS系特番
「テレビ未来遺産 奇跡の絶景ミステリー
地球46億年!大自然の神秘はこう創られた」では
タッキー&翼の滝沢秀明がマルム火山火口内部へ
日本人初の潜入リポートの様子を放映します。

この記事では、マルム火山や、
マルム火山のあるバヌアツ共和国について記述します。


スポンサード リンク



バヌアツ共和国の概要

まるで湖のような「溶岩湖」があるマルム火山は
バヌアツ共和国のアンブリム島にあります。

バヌアツはオーストラリアのケアンズから
東へ1500kmの沖に浮かぶ島国です。

たくさんの島々から成る国、という意味では
フィリピンのようなイメージですね。

今回のロケ地となっているマルム火山があるアンブリム島ですが
アクセスが悪く、飛行機も週に2回程度しか飛んでいないようです。

実際にマルム火山の火口を取材した外国人によれば
「まるで太陽の上にいるようで、耐熱スーツを着ていても
オーブンの中で身を焼かれているようだった」ということなので
今回のロケでは滝沢秀明はなかなか体を張ったなぁ、と思います。

バヌアツ共和国といえば、ナゴール

バヌアツのナゴールを知っていますか?

ナゴールとは、バヌアツの
ペンテコスト島でおこなわれている
成人への通過儀礼のことです。

高さ数十メートルにもなるやぐらを作り、
両足にツタをくくりつけて飛び降りる、、、という
かなり危険な儀式です。

死者や怪我人が出ることもあるようです。

ちなみにこのナゴールはバンジージャンプの起源と言われています。
ナゴールの動画があったので貼っておきますね。
これ、めちゃくちゃ痛そうですよ。。。
飛び降りた人、ぐったりしてるし・・・。

ナゴールは約1000年も前の伝説を今に伝えています。

タマレという暴力的な男が妻を殴りました。
妻はタマレから逃げるために木に登ります。
それを追いかけてタマレも木に登り、妻を追い詰めます。
まさに捕まると思った瞬間、妻は木から飛び降りました。
タマレも妻を追いかけて飛び降りますが、
地面に叩きつけられて死んでしまいました。
妻は足首にツタを巻きつけていたため、死なずにすみました。

このような逸話があり、
ナゴールは始まったといいます。

私は個人的にバンジージャンプを
してみたいとは思っていますが
ナゴールはさすがにやってみたいとは思いませんね。

足がちぎれそうですし。


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す