「LINE疲れ」が急増中?SNS断捨離を提案します。

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 438

line01破竹の勢いで利用者数を増やしているスマートフォン用アプリ「LINE」。

先日、都内の電車内でふと周りを見回すと、ほとんどがLINEかパズドラをやっている、、、ということがありました。

そんな昨今、「LINE疲れ」に悩む声も聞こえてきます。

この記事ではLINEをはじめとするSNSについて
新しい使い方「SNS断捨離」を提案します。


スポンサード リンク



LINEの概要

LINEとは、LINE株式会社(旧NHN Japan)が展開する無料アプリです。
これをスマホにインストールしておけば
無料でチャット(トークと呼ぶ)や音声通話ができます。

音声通話に関しては通信が安定しなかったり
ノイズがひどかったりと、まだ改善の余地がありますが
トーク機能についてはかなり使い勝手がいいです。

LINEは2011年6月のサービススタートから
わずか19ヶ月で利用者1億人を突破しました。

19ヶ月というのはSNSとしてはかなり早いです。
Facebookは54ヶ月、ツイッターは49ヶ月かかっています。

LINEが流行っている理由としては
・スタンプ機能が充実している
・3G回線で無料通話ができる
・グループトークができる
以上3点が大きいかなと思います。

スタンプはとても充実していて、
スタンプだけでも会話ができるぐらい
表情豊かなものが揃っています。

また、スタンプを購入することもできるので拡張性があります。
人気キャラクターとコラボしたスタンプをよく見かけます。

LINE疲れの理由

爆発的に利用者を増やしているLINEですが
利用者の間では「LINE疲れ」の声を聞くようになりました。

その一番の理由は、「既読」表示です。
LINEのトーク画面でメッセージを送ると、
それを相手が読んだ時点で「既読」と表示されます。

自分がそのメッセージを読んだということを
相手に知られてしまうわけですから、
「なるべく早く返信しなきゃ」
という気持ちがストレスになっているようです。

私もその気持ち、十分にわかります。。。

ところでここに面白い調査結果があります。
株式会社ジャストシステムが
2013年6月20日に以下の発表をしました。

■LINE利用者の大学生750人を対象とした調査の結果
71.4%が既読表示によるストレスを感じている
45.7%がLINE疲れを感じている
23.3%がLINE疲れのため利用機会が減った
28.2%が1日1時間以上利用する
86.8%がスタンプを購入したことがない
29.7%がスマホアプリの中でLINEを一番多く利用する

以上です。
興味深いのは、71.4%もの多数が既読表示にストレスを感じながら、
利用機会はそれほど減っていない、という点ですね。

LINEやその他SNSとの上手な付き合い方

かく言う私も、一時期はかなりSNS依存症でした。
私の場合はFacebookが特にひどくて、
暇さえあればFacebookを見ていたので、
おそらく1日3時間ぐらいは見ていたこともあると思います。

LINEについても、メッセージが来ていないかを
数分おきに確認して、メッセーが来たらすぐに返信して・・・。
という具合に、強迫観念のようにSNSをやっていました。

FacebookとかLINEとか、
流れていく情報を見逃すと、
なんとなく損した気分に
なってしまっていたのです。

そのため、本当にやるべきことができずに
グダグダとSNSをいじり倒して、
時間が過ぎていく・・・。
本当にそんな時間が多かったように思います。

ですが最近、私はSNSとの付き合い方を変えました。
私はこれを「SNS断捨離」と呼んでいます。

SNS断捨離のやり方

断捨離というのは、
「いらなくなったものを捨てる」という意味です。

私が提案するSNS断捨離のやり方は以下です。
・SNSを見る理由を明確にする
・SNSを見る時間帯を決める
・SNSを見るのは発信するときだけにする
以上3点です。

これを実践するとかなり時間を作ることができますよ。
順に説明します。

まず、SNSを見る理由を明確にします。
SNS依存症に多いのは、「なんとなく」
SNSを見てしまうことです。

見る目的を決めていないから、
永遠に時間が過ぎてしまうのです。
そこでまず目的を決めます。

例えば
「来週久しぶりに会う鈴木さんの最近の様子を見よう」
と目的を決めて、できれば所要時間も決めて、見ます。
鈴木さんの近況を2分間だけ見よう!」という感じですね。

次に、SNSを見る時間帯を決めます。
私がやっているのは、
「Facebookを見るのは夜寝る前!」です。
これでだいぶ時間が作れました。

最後に、SNSを利用するのは発信するときだけと決めます。
例えば私はFacebookは夜寝る前だけ見てよい、としていますが、
写真投稿など、「発信」する場合はいつでもOKということにしています。

SNS断捨離をまとめると、
SNSで求める情報・目的を明確にして、
時間を決めて、
読み手よりも語り手になる、という感じです。

色々書きましたが、
現代を生きていく上で
SNSは毎日を楽しくしてくれるものだと思います。
上手に付き合っていきたいですよね。


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す