落下腸マッサージで便秘解消!

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 258

WS000001先日放送されたテレビ番組「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で
落下腸マッサージ”が紹介されました。

この記事では、便秘にも効果大の落下腸マッサージを紹介します。


スポンサード リンク



落下腸の概要

正常な腸は、背中に腸がくっついた状態で、
横にまっすぐ、吊り橋のようになっています。

落下腸とは腸が背中から離れてしまい
下に落ちてしまった状態を言います。
まさに吊り橋が落ちた状態です。

原因は生まれつきの体質で、
一定の割合で落下腸になりやすい人がいるそうです。

腸が下に落ちてしまうと
通常まっすぐな状態だった腸が歪んでしまうので
便の通りが悪くなり、結果、便秘となるのです。

また、便秘になってさらに腸が重たくなり
下に下がってしまいますので
落下腸⇒便秘⇒さらに落下⇒さらに便秘・・・
という負のスパイラルに陥ってしまいます。

落下腸の判別法

以下の特徴に2つ以上当てはまる人は落下腸の可能性があります。

  1. 子どもの頃からの便秘体質である
  2. 便秘に腹痛を伴う
  3. 便秘のあとは下痢になる
  4. 運動量が減った頃から便秘になった
  5. 座った状態から立ち上がるとき下っ腹が出る

落下腸マッサージのやり方

落下腸は腸が正常な位置よりも下に落ち込んでしまった状態なので
落下腸マッサージ」で腸を元の位置に戻してあげましょう。

この落下腸マッサージの効果は絶大で、
便秘歴20年の女性で週に1回のお通じだったのが、
落下腸マッサージを2日間やっただけでお通じがあり、
そのまま続けると2日連続でお通じがきました。

この女性は2日連続でお通じがあったのは
10年ぶりだったようです。

■落下腸マッサージのやり方
・膝を立てて仰向けに寝る。
・腰の下に枕や座布団を置き腰を10cmほど浮かす。
・下腹部からへその上あたりまで両手で押し上げる。
・お腹が少しへこむ程度の強さで1分間続ける。
・その後、同じ体勢でへその下あたりを1分間つつく。
※これを1日2回、朝食前夜寝る前におこないます。

個人差はあるようですが
劇的に便通がよくなる人もいるようです。

便秘の方は落下腸マッサージを
試してみてはいかがでしょうか。

落下腸の予防法

落下腸と便秘は深い関係があるので
落下腸を予防することは便秘を
予防することにも繋がります。

落下腸の予防法は、ずばり「姿勢を良くする」です。
悪い姿勢というのは、体に悪い影響しか与えません。
例えば猫背は頚椎に負担を与え、頚椎症の原因となります。

ちなみに猫背は便秘の原因にもなっています。
猫背になることで下がった内臓が腸にのしかかり、
落下腸を助長するのです。

下がった内臓は全体として体を
下に引っ張るので猫背を悪化させ、
これまた負のスパイラルなのです。

■正しい姿勢の保ち方
・頭のてっぺんを糸で上から引っ張られているイメージを持つ。
・顎を引く。
・やや胸を張る。
・腹筋に力を入れる。

これを保ち続けるのは最初は疲れます。

なので、例えばふとしたときに、
この正しい姿勢を保つよう心がけてみてください。

私の話ですが、私は20代になってから姿勢を正して
背が伸びましたし、便秘も解消しました。

例えば、電車を待っているときや、
スーパーでレジ待ちをしているときなど、
正しい姿勢を保つように心がけてみてくださいね。


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す