発達障害を大人になってから自覚?診断法と対応は?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 253
  • 仕事の優先順位がつけられない。
  • 自分ばかり喋って人の話を聞けない。
  • 相手の気持ちを考えられない。
  • 部屋を片付けられない。
  • KY(空気が読めない)だと言われる。

これらに当てはまる人は発達障害かもしれません。
この記事では近年増加している
大人の発達障害」についてまとめています。


スポンサード リンク



発達障害とは?

発達障害とは生まれつき脳の発達が
通常と違っている状態です。

いくつかのタイプに分類されており

  • 自閉症
  • アスペルガー症候群
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

などがあります。

発達障害はもともと子どもの頃に
診断されることが多かったのですが
最近では大人になってから
発達障害が判明することも多いです。

自分が発達障害かどうかを
早い段階で知ることは有益です。

なぜならそれは自己を知るということであり
長所短所を知るということだからです。

自分の長所短所を知っていれば
周囲の協力も得やすく
工夫もできますよね。

ところで、性格や個人差も絡むため
発達障害の診断は難しいと言われますが
発達障害にはいくつかの
典型的な特徴が見られます。

発達障害の特徴

発達障害の特徴は以下です。

  • 高学歴なのに会社でミスが多い。
  • 仕事の優先順位がつけられない。
  • 人の話を聞かず自分ばかり喋ってしまう。
  • 好きなことには何時間でも没頭できる。
  • 口頭で伝えられたことを覚えられない。
  • そわそわしていて落ち着きがない。
  • 気が散りやすく一つの作業に集中できない。
  • 計画が立てられない。
  • 人の気持ちが理解できない。
  • 天然だと言われる。
  • KYだと言われる。
  • 机や部屋の整理整頓ができない。
  • 遅刻が多い。
  • 2桁の足し算など簡単な暗算ができない。
  • キレやすい。
  • 臨機応変な対応ができない。

以上の特徴にたくさん当てはまる人は
発達障害の可能性があるかもしれません。

特に注目したいのは
高学歴なのに会社でミスが多い
という特徴です。

学校の勉強は一人で黙々とやればいいので
発達障害の人はむしろ得意分野なのです。

例えばエジソンやアインシュタインも
発達障害だった
と言われており
一人で黙々と仕事に没頭していたことは有名な話です。

ところが発達障害の人は一般に
他人の気持ちを考えるのが苦手
人付き合いがあまり得意ではありません。

そういうわけで、人間関係が大切な会社では
発達障害の人はミスを起こしがちなのです。

発達障害への対応

もし自分に発達障害の可能性がある場合
以下のように考えてみてください。

  • 障害ではなく個性だと考える。
  • 他人と自分を比べない。
  • 全身全霊の努力で自分のベストを尽くす。
  • 工夫する。

「自分は発達障害だから、できない」
と考えるのではなく、工夫していきましょう。

例えば、聞いた話の内容を覚えられないのなら
ひたすらメモをとるなどしましょう。

最後に、30代で発達障害と診断された
ある女性の言葉を紹介します。

発達障害を自覚することは
目が悪かった人が眼鏡をかけるようなものでした

まず自分自身を知ることで
自分らしい生き方がわかるのだと思います。


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す