インターンシップとは?礼状の書き方は?例文とタブーを紹介

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 357

夏はインターンシップのピーク。

この記事ではインターンシップ終了後の
企業への礼状の書き方についてまとめています。


スポンサード リンク



インターンシップとは?

a0001_014547
インターンシップとは
学生が企業で1週間程度
職業体験をするというものです。

一般的に6月頃にエントリーをして
実施は8月頃という企業が多いですが
企業によっては春休みや冬休み、
中には通年で受け付けているところもあります。

インターンシップに参加する学生で
一番多い学年は大学3年時です。

就職活動への意識が高い大学生は
ほとんどがインターンシップ経験者だったりします。

インターンシップに参加したい場合は
3年生の早い段階から情報収集をしておきましょう。

インターンシップが終わったら翌日には投函

a1380_000343
さて、インターンシップが終わったら
すぐにやらなくてはいけないこと。

それは「企業への礼状を出すこと」です。
何を置いても先にやらなくてはいけません。

理想はインターンシップ最終日の翌日には
ポストに投函することです。

どうしても翌日が難しいという場合でも
1週間以内には先方に届くようにしましょう。

ここで2週間や3週間かかってしまうと
企業に悪い印象を与える可能性があります。
すぐに出しましょう。

礼状を書くときのタブー

admittance-98620_150
インターンシップの礼状は例文を
ネット上で簡単に見つけることができます。

ですが、ちょっと待ってください!

それを丸写しするのはもちろん
内容を真似するのも危険です。

なぜなら、たいていの例文は
やってはいけないミスを犯しているからです。

どのようなミスかというと
オリジナリティがない
というミスです。

例えば以下の例文は
典型的な悪い例です。

拝啓
●●大学●●学部の●●です。
先日のインターンシップでは
ご多忙中にもかかわらず
皆様には色々とご指導いただきまして
誠にありがとうございました。

初めてのことばかりで緊張していましたが
皆様の温かいご指導のおかげで
楽しく過ごすことができました。

私がこのインターンシップで学んだことは
「大きな目標を達成するためには
チームワークがとても大切だ」ということです。

また、変化のめまぐるしい現代に
成果を出し続けていくためには
常に日頃からアンテナを高くはり、
新しい情報を集めることが
必要不可欠だと強く感じました。

この経験を活かし
今後の学業に励んでいきます。

末筆ながら
貴社の今後のご発展とご活躍を
心よりお祈り申し上げます。

敬具

この例文のどこが悪いかわかりますか?

それらしいことは書いてありますが
この文章には、全く中身(オリジナリティ)がないのです。

言ってしまえばこの文章は
その場にいなかった人でも
誰にでも書ける文章なのです。

このようなテンプレ文章を送ってしまうと
「書かされた感」が出て微妙です。

ではどうするかというと、
例文のピンクマーカーの部分
例えば以下のように書きます。

私が一番感動したのは
初日のお昼休み、
営業部の鈴木様が私のために
時間を作っていただき
色々と相談に乗っていただいたことです。

初日ということもあり
私は緊張していましたが
「失敗を恐れず思い切り楽しんでいってね」
という鈴木様のお言葉のおかげで
すごく心が軽くなったことを覚えています。

あのお昼休みにいただいたお言葉と
缶コーヒーの味は忘れることはないと思います。

私も将来、社会人になり
後輩ができたときには、
あのときの鈴木様のように
温かいフォローができる
かっこいい先輩になりたいです。

このような感じで
あなたにしか書けない文章を
できるだけ具体的に
書きましょう。

このような手紙を受け取った側は
とても感動すると思いますよ。

便箋と封筒の注意点

最後に、便箋と封筒に関する注意点は以下です。

  1. 「拝啓」で始めて「敬具」で終わる。
  2. 茶封筒ではなく白い封筒を使う。
  3. 封筒の封じ目には「〆」と書く。
  4. 便箋は2枚以上入れる。

4についてですが
便箋1枚で書き終わった場合でも
もう1枚白紙の便箋を重ねて封入する
のがマナーです。

便箋と封筒のマナーについては
こちらのサイトが参考になりますよ。
⇒http://www.letter110.net/fuutou/

しっかりと礼状を書き上げて
相手に感謝の気持ちを伝えましょう!


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す