抗がん剤の副作用とは?脱毛 吐き気の対処法は?

スポンサード リンク

この記事の所要時間: 328

日本では毎年30万人以上が
がん”で亡くなっており
がんは死亡原因の
約3割を占めています。

がん治療に不可欠な抗がん剤ですが
重い副作用は避けて通れません。
この記事では抗がん剤の副作用と
うまく付き合っていく方法を紹介します。


スポンサード リンク



抗がん剤とは?

a0001_013729
抗がん剤とは、がんを治療するための薬で
点滴タイプと錠剤タイプがあります。

まず、抗がん剤について理解するために
がん細胞が人体に悪影響を与えるメカニズムを
簡単に説明します。

普通、私たちの体内では適切なペース
細胞分裂が起こっています。

例えば、膝をすりむいたときは
傷を治すために細胞分裂が起こります。
細胞分裂で増えた細胞が傷口を塞ぎ、
傷が治れば細胞分裂は止まるのです。

ところが、何らかの原因で
健康な細胞が突然変異すると
細胞分裂の制御がきかなくなります。
これががん細胞です。

がん細胞はどんどん細胞分裂を繰り返し
無限に増えていきます。

増えたがん細胞は腫瘍(しゅよう)となり
さまざまな臓器の機能低下を引き起こします。
これを多臓器不全といいます。

多臓器不全が重篤化すると
最終的に亡くなるのです。

抗がん剤はがん細胞の分裂を抑え
がん細胞を殺すための薬ですが
健康な細胞の分裂も抑えてしまいます

その結果、副作用が出るのです。

抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用としては

  • 脱毛
  • 吐き気(食欲減退)
  • 肌荒れ
  • 骨髄抑制(白血球減少)

などがあります。

この記事では脱毛と吐き気について
対処法を紹介しますね。

脱毛の対処法

脱毛はほぼ全員が経験する
抗がん剤の副作用です。

特に女性は精神的ショックを
受けやすいと思います。

髪は女性の命ですからね。

そこで脱毛には早い段階から
以下のような対策を打ちましょう。

  • 脱毛は治療に必要だと自己暗示をかける。
  • ウィッグ(かつら)を作っておく。
  • 抜けてきたら剃ってしまう。
  • 1ヶ月後には生えてくると知る。

抗がん剤治療が決まったら
脱毛は前向きに捉えましょう。

「この脱毛は治療のために必要なのだ」
自己暗示をかけてしまうのです。

この自己暗示をかけておくことで
いざ脱毛が始まった場合にも
「お、薬が効いてるぞ!」
ポジティブに考えることができます。

闘病生活にはポジティブな思考が
とても大切なのです。

そして早めに医療用ウィッグを作っておき
脱毛が始まる前からかぶったりして
ウィッグに慣れておきましょう

また、髪が抜けてくると
落ち武者のような頭になります。

鏡を見るのがつらいでしょうから
抜け始めたら剃ってしまいましょう
そして準備しておいたウィッグをかぶるのです。

医療用ウィッグはこちらで作れますよ。
↓↓↓
【私元気】ウィッグ・カツラ専門店の医療用ウィッグ9800円~

また、抗がん剤治療が終われば
1ヶ月後には髪が生え始めるので
安心してくださいね。

吐き気の対処法

a0002_004760
抗がん剤の副作用による吐き気は
地獄のようなつらさだと聞いたことがあります。

私の親族が抗がん剤治療を受けていたときには
本当に苦しそうで、食べ物のにおいをかいだだけで
吐き気がすると言っていました。

そんな中でもにおいが少なくて
あっさりした食べ物

比較的食べやすかったようです。

例えば以下のような食べ物です。

  • 冷めたおにぎり
  • 冷めたパン
  • ウィダーインゼリー
  • ざるうどん
  • そうめん
  • フルーツ
  • ヨーグルト
  • 栄養価の高いジュース

温かい食べ物はにおいがするので
食べるのが苦しいかもしれません。

そういえば吉野家の牛丼
マクドナルドのハンバーガー
なぜか食べることができた
という話を聞いたことがあります。

個人差があると思うので
色々試してみるとよいでしょう。


スポンサード リンク

次はこんな記事が読まれています


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す